文字サイズ
標準

AJS

SERVICE 事業内容

ルーツを基盤とした“一貫体制”を実現するICTプロフェッショナルとして

AJSは、1987年、旭化成グループの情報システム会社として設立され、25年以上にわたるシステムの開発、保守・運用の実績を持っています。現在はTISインテックグループの一員として、「基幹システムの開発/保守/運用/コンサルティング」、「基幹系データを活用する業務ソリューション」、「パッケージ開発・販売」を3つの柱として、様々な産業分野のお客様に向けて企業価値向上のためのソリューションを提供しています。

AJSイメージ

これらは、従来の揺るぎない実績の中で培われた豊富な経験と独自のノウハウがあってはじめて実現できるもの。AJSは、これまでに高い評価をいただいてきた高度なスキルを十二分に駆使し、今後もお客様が抱えるさまざまな問題解決に役立つ最適なソリューションの提供を行ってまいります。

AJSの多彩なソリューション領域

ソリューション領域

ハイパフォーマンスを実現する3つの力

  1. “現場”から発想できる提案力

    AJSは、長年にわたり様々な業態・業種の企業に対して幅広いITソリューションの提供を行ってまいりました。その中で、AJSが特にこだわりを持って取り組んできたのが、システム要件を的確に実現するだけでなく、現場業務への影響をできる限り抑え、短期間で、しかも実効性の高いソリューションへの移行を実現すること。これは、AJSがもともと製造業分野のもの作りの“現場”や業務“現場”と密接な関係の中でソリューションの企画を提案し、システム構築から保守運用まで行うAJSならではのビジネススタイルなのです。

  2. “高度なセキュリティ”を生み出す技術力と安定運用力

    個人情報保護法が施行され、セキュリティシステムには、より高度で堅牢なソリューションが求められています。AJSは、そうした時流をいち早く捉え、一例として住宅関連分野においては、引き合い、見込み客、購入者などの詳細情報を安全かつ安定して管理できるソリューションの提供に取り組んでまいりました。特に、購入者情報は、数十年にわたってフォローする継続した管理体制が求められるとともに、大切な個人情報を扱う上でいかに厳格なセキュリティ管理を行っていくか、その手腕が問われました。こうした経験の中から、AJSは、長期にわたり継続的安定的に情報を管理・運用する方法を確立しました。また、個人情報保護法に対応したシステムの開発によって、高い評価と信頼をお寄せいただいています。

  3. “信頼”を構築できる人材力

    常に実効性の高いソリューションを、通常業務に支障をきたさないで、できる限り短期間にご提供していく──。

    それが、大規模な基幹システムの再構築であっても、一業務の効率化を図るソリューションであっても、AJSの業務に対する基本スタンスは変わりません。こうしたAJSならではのソリューションをご提供していくためには、豊富な経験に裏打ちされたお客様業務への深い知見、幅広い視野、そしてさまざまな関係者と密接な連携業務を遂行できる人材力が不可欠です。そのためAJSでは、IT技術を通じてお客様にとって最良となる業務改善のシナリオを描き、そのシナリオの実行を強力にナビゲートできるSA・SEの育成をはじめ、ネットワーク・Web・データベース・モバイルなどの技術分野に精通したスタッフ、コンサルティング・プロジェクト管理・システム運用・アプリケーション開発などのスキルを備えた真にプロフェッショナルな人材の育成に積極的に取り組んでいます。